クリーニング店で保管サービスを利用する時は、預けてスグに洗って保管する店を選ばないと行けません。暇な夏の時期に洗う店は絶対にNG。

⇒おすすめの保管クリーニングはこちら!

クリーニング屋さんに満足してますか?

今までにクリーニング屋さんを利用したことのある人は多いと思います。もし、お気に入りのクリーニング屋さんがあり、洗い上がりも仕上がり具合も全て満足と言う場合は、実は超ラッキーなのかもしれません。何故かと言えば・・・

 

消費者庁の調べで、

8割の人が「クリーニング」に不満…

 

 

   

残念なことに、このような結果が出ているそうです。

 

8割の人が不満…

 

もう一度言います。

 

8割の人が不満

 

 


この数字は凄いと思いませんか。

 

もしも事実であれば社会問題と言える数字。利用した8割の人が不満に感じていると言う事は、

 

要するに…

 

クリーニングの不満足度は80%

 

逆から見れば世間のクリーニングの満足度は20%と言う事になります。本当でしょうか?

 

ちょっと極端な気もしますが…

 

 

クリーニングに不満に感じる理由は?

さすがに8割と言う数字は大げさな気がしますが、実際にクリーニングを利用した記憶を思い返すと…

 

確かに、「シミが落ちて戻ってこないならクリーニング出さなかったのに」と憤った方もあるのではないでしょうか。

 

きっと、同じような経験を持つ方が多いから、8割の不満といった結果になったのかもしれません。

 

預かり物をキレイにして返す商売なので、難しい立場である事は間違いありませんね。新品に戻すことは出来ないからです。

 

 

ただ、クリーニング店の立場から言えば…

 

シミの種類によって落ちない場合があります。家庭で落とせるシミは食べこぼしが大半。「自分でやって落ちた!」それは、きっと家庭で対処可能なシミだったのです。

 

実際に多いケースとしては、シミでなく変色やキズをシミと勘違いしてる場合があります。これは染み抜きででなく修理修復の分野。

 

クリーニング店としたら、好き勝手言われたい放題の立場であるのも事実。この辺は誤解を生みやすい商売なので、不満足度80%の中には誤解が含まれていると言えるでしょう。

 

クリーニングが家庭で出来ると言う誤解

数年前から洗濯機メーカー、洗剤メーカーがこぞってクリーニング業界に進出しました。

 

その結果、私たちが良く目にする「家庭でドライマークを洗う」が誕生し、「洗濯機のドライコース」のネーミングも一般化。

 

またファブリーズなど除菌も「洗う」と言う言葉を使用するようになりました。

クリーニングに不満

家庭でドライクリーニングが出来ると誤解する人がいたり、家庭でクリーニング屋以上の洗いが出来ると勘違いする人もあり、自分でやった方が良いと言う思想になりがちです。

 

 

クリーニング屋も色々ありますが、やっぱりプロには叶いません。家庭洗濯&家庭染み抜きでは限界があります。

 

正しいクリーニング屋の使い方

 

クリーニング屋は基本的にチェーン店が安心です。ただ、特殊なシミの場合は染み抜きを専門としている個人店が良いでしょう。

 

個人店を利用する場合は、シミが落ちない場合は返金があるのか?またトラブルになった時の保証はどうなっているのか?を事前にチェックしておきましょう。

 

この使い分けこそが大切です。

 

チェーン店や大きな規模で展開しているクリーニング店の場合は、補償などの対応もしっかりしているので、ブランド品デリケートな衣類を任すのは安心です。

 

特殊なシミ以外は大手クリーニング店の利用がおすすめです。

 

例えば、宅配クリーニング「リネット」 などは、安心して利用出来るクリーニング店の一つと言えるでしょう。

 

   
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方