クリーニング店で保管サービスを利用する時は、預けてスグに洗って保管する店を選ばないと行けません。暇な夏の時期に洗う店は絶対にNG。

⇒おすすめの保管クリーニングはこちら!

クリーニング料金が安い店はヤバイのか?

クリーニング料金が安い理由

クリーニング屋さんって町中で数多く見かけませんか。

 

実はクリーニング屋の数は、あのコンビニを遙かに多いと言わています。そんなクリーニング屋の価格帯は店によって違いますね。

 

例えばYシャツの金額の場合、Yシャツのクリーニング代が1枚90円の店があるかと思えば、150円、200円、300円と金額が店によって様々。

 

どうせ出すなら安い方が有難いけど、金額の安い店は質も悪くヤバくないか?と心配になります。

 

   

なぜ安いクリーニング店が存在するの?

 

クリーニング料金が安い店ってチェーン店が多いはず。チェーン店か?個人店か?判断が出来ない場合はHP(ホームページ)で確認すれば店舗数で分かります。

 

 

要するに…

 

チェーン店=価格帯を安くできる。

個人店=価格を安くできない。

 

このような構図が背景にあります。

 

なぜチェーン店は価格を安くできて、個人店は価格を安くできないのか?その理由は商品(洗濯物)の集まる量が圧倒的に違うから。

 

もう少し詳しく言えば、チェーン店は店舗の数が多く洗濯物が多く集まります。洗濯物が多く集まると売上も上がります。逆に多く集めるには安くした方が集まりやすいからです。

 

あまり洗濯物の量が集まらない個人店は、安くできないのです。これは個人店が良い悪いではなく、店舗数に左右さます。

 

※例えば、この様な規模でやっている店は安くて品質も良く、トラブルがあった時の対応もスムーズでしょうね。

 ↓

個人店はそれほど商品が集まらない、集めれない

クリーニング店を見ていたら、ほとんど同じパターンですが、個人店の場合は1点1点丁寧に「手仕上げ」をキャッチフレーズにしています。

 

しかし、実際にはチェーン店も個人店も大差ありません。

 

手仕上げと言うのも、裏を返せば機械仕上げが出来ないから手仕上げ。機械を導入できる資金がない。チェーン店はその資金がある。単にその違いだけ…とも言えます。

 

資金のあるチェーン店は最新の機械を導入できます。効率も品質も上がります。当然ですね。

 

 

また、仕上がりが早い店、遅い店とある。

一般的にはチェーン店は仕上がりが早く、個人店は遅い。

 

丁寧に洗ってるから、時間がかかると個人店は言うけれど、実際には、どの店も洗っている時間帯は同じはず。

 

 

家庭の洗濯をイメージしたら

簡単に理解できます。

 

 

洗濯機を数時間回しますか?

何時間も脱水しますか?

何時間も干しますか?

何時間もアイロンしますか?

 

長時間かけて丁寧に洗っていると言うのは奇怪です。もちろん特殊なシミがある場合は除きます。

 

クリーニングに出して仕上がりが遅いと言うのは、洗い始めるまで時間がかかってると言う事。それ以外は考えられません。

 

つまり、個人店は仕事の回転率が遅い。手作業に限界がある。逆にチェーン店は最新の機材で効率よく洗い、早く仕上げることが出来る。だから沢山洗濯物をスムーズに出来る。

 

これが安く出来るか出来ないか?核の部分というワケです。

 

   
   
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方