ドライマークを家庭で洗濯してみよう②

数年前までセーターを自宅で洗うと言う概念は一般的ではありませんでした。ウールのセーターなどはクリーニング屋さんにお任せ!ってのが当たり前だったようです。これは勿体ない。

しかしバブルが弾けて不況となり、物が売れなくなった事から洗剤メーカーや家電メーカは市場を「消費者からの不満が高く、市場としては未成熟なクリーニング業界」に広めます。

その結果、現在では一般家庭でもクリーニング屋と大差ない洗いが出来るようになりました。

(ただしアイロン仕上げはクリーニング屋の方が上手のようです)

 

ドライマークの洗濯方法
スポンサードリンク

家庭で洗うのとクリーニングに出すのと、それほど大差ないのであれば節約も兼ねて自分で洗いたいもの。ただ、意外とこの事実を知らない人が多いようです。


家庭でウールのセーターやシルクなども洗えます。

クリーニングに出す必要はありません。


カシミヤとかも自分で洗えるの?洗い方のコツは?

ハッキリ言いますが、カシミヤもアンゴラも自宅で洗うのはそう難しくはありません。ちょっとした注意点を意識して守るだけで、とっても簡単に洗えます。

その注意点と言うのも特殊なものではなく誰にでも出来る至って簡単な事です。



 ①ウールは濡らしたら動かさない。摩擦を与えない。

 ②水の中に長時間入れてはいけない

 ③専用洗剤で洗うこと

 

以上、この3点だけです。ウール(カシミヤ、アンゴラなども含む)を洗う時は、特にこの3点をきちんと守れば、問題なく洗うことが出来ます。ここで気になるのが③の専用洗剤ですね。これは様々なタイプがありますが、何が一体おすすめなのでしょうか?

もっとも人気あるドライマーク洗剤は「ハイ・ベック」です。そして性能的に評価が高いのが「プロ・ウォッシュ」と言って良いでしょう。また安価に手に入る最も一般的なものは「エマール 」になります。

スポンサードリンク

家庭で一般的にドライマーク衣類と呼ばれているウール品が洗えるようになると、今までクリーニングに出してたカシミヤのコートも自分で洗えるようになります。

カシミヤのコートのクリーニング代は1着で1500円ほど、2着で3000円と考えると、ドライマーク洗剤を使って自分で洗うようになると洗剤1本で100着以上のコートが洗えます。

簡単に考えると15万円3000円で済むと言う事です。


とっても簡単に洗えます。


自分で洗って節約してみませんか?


※ドライマーク洗は、基本的にどのブランドでも問題はありません。自分の使いやすいもので大丈夫です。大切なのは洗い方。上記①と②を守り優しく洗うように心掛けましょう。


スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方