ノロウイルスって、どうやって感染するの?

ノロウイルスは感染性胃腸炎を引き起こすウィルスの一種で、毎年11月頃から翌年の4月頃まで流行するケースが多いと言われています。

特に保育所や幼稚園、小学校など子供たちが集団生活を行ってる場所は感染が広がりやすく注意が必要です。


11月から半年間は、ノロウイルス予防対策として、除菌スプレーを用意し、出来るだけ細目に指先や手のひらを除菌するように心がけましょう。特に爪の中は忘れがちですが、爪の中こそ重要なポイントです。

スポンサードリンク

ノロに感染した?

ノロウイルスはどうやって感染するの?

このノロウイルスは、乳幼児の場合は初冬(11~12月)を中心に急に発生するケースが多く、成人では牡蠣などの2枚貝生などを加熱不足で食べた場合の食中毒が有名で、飲食店や学校、旅行先などで集団食中毒などと言ったケースも見られます。

感染した人の糞便やおう吐物が乾燥し、それらが空中に舞い、吸い込むことでヒトからヒトへの二次感染で爆発的な流行が起きることも多い。


だからノロウイルスに感染しないように予防することが大切です。ただどんなに予防をしていても感染してしまう事もあるでしょう。

もしも感染してしまった時など、家庭に一つ「マイブリーチ 塩素系漂白剤 衣類用」を常備しておくと良いでしょう。

ノロウイルスに感染したら、小学校や幼稚園はどうなるの?

ノロウイルス(感染症胃腸炎)に感染してしまった場合は、とにかく二次感染対策をして、早急に治療に専念するようにしましょう。学校や幼稚園に関しては出席停止扱いとなり欠席にはなりません(ただし、念のために学校には確認をして下さい)。

子供さんが下痢や嘔吐の症状から回復したの後、全身の状態が良好な場合は登校・登園が可能です。


それでは、ノロウイルスとはどんな特徴があり、感染するどうなってしまうのか、また感染してしまった場合の対策、そして予防策などを詳しく見てみましょう。

 

 

次のページ

 

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方