ノロウイルスの主な症状と治療

もしノロウイルスに感染したらどのような症状が出るのでしょうか?

主な症状は、嘔吐の症状が突然現れ、下痢がそれに続きます。発熱の場合もあります。もしロタウイルスに感染している場合は便が白っぽくなることもあります。

 

スポンサードリンク

 

また、嘔吐と下痢はひどくなる場合があり、便に血液が混じったりすることもあります。熱は高熱にならないケースが大半ですが、これもケースバイケースで発熱の場合もあります。

小児の場合は嘔吐が多く、この嘔吐や下痢は1日数回繰り返し、多い時は10回以上になる場合があります。

感染してから発病するまでの潜伏期間は10数時間~1日2日ほどが平均と言われています。

 

病状期間も10数時間~1日2日ほどと短期間なのが平均と言われています。ただ他の病気があったり、大きく体力が低下しているなどの場合には重症になることもありますので注意が必要です。

また、嘔吐を喉に詰まらせて窒息などのケースもありますので、小さな子供さんや高齢者の場合は、その点の注意も必要です。

 

ノロウイルス自体で死に直結するケースは少ないですが、体力の低下による衰弱死、そして小さな子供さんやお年寄りの場合は嘔吐を詰まらせて窒息死など厚生労働省のホームページには事例が記載されています。十分に注意しましょう。

 

ノロウイルスに感染した時の注意&治療方法

ノロウイルスは特効薬はありません。このノロウイルスの症状が持続する期間は短く、症状は2~3日から1週間程度で治まります。

感染すると下痢が続きますので、この嘔吐や下痢などでの脱水症状にならないように、出来る限り水分を補給するのが大切です。


体力の低下が著しい場合は、点滴などを受ける必要もあります。また嘔吐や下痢をおさえる薬に関しては、症状が出始めた段階で使用せず、長引く場合に医師の診断のもと、薬を飲むようにしましょう。


スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方