ノロウイルスに感染するとどうなるの?

ノロウイルスウイルスに感染すると、1日~2日の潜伏期間後突然嘔吐、下痢、腹痛、発熱し、1日~3日間これらの症状が続きます(ただし食中毒の場合は、食後12~48時間に症状が現れると言われています)。基本的に後遺症はありません

ノロウイルスに感染した場合に最も心配なのは感染力が強く、家庭内での二次感染を引き起こす可能性が高いということです。

しかも厄介なのは、普通の殺菌方法ではノロウイルスは死滅しないと言った性質を持ち合わせていること。

だから油断するとスグに二次感染につながるので要注意。

 

 

一般的な病原菌はエタノールや衣類用の酸系漂白剤で死滅します。

ところがノロウイルスに関しては死滅しません。

 

 

スポンサードリンク



もしかしてノロウイルス?と感じたら…

このノロウイルスに関しては、突然、嘔吐・下痢が起こるのが特徴です。軽症の場合は、気持ちが悪い程度で終わりますが、重症になると嘔吐、下痢、腹痛、発熱などが起き、脱水症状を起こす場合もありますので注意しましょう。

もし、下痢が数回みられたり、痙攣(けいれん)などの症状がみられた出来るだけ早く受診するようにしましょう。また子供の場合は小児科専門医のいる医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

ノロウイルスは二次感染を防ぐのが大事!

ここは重要なので意識しておく必要があります。もしも家族の誰かがノロウイルスに感染してしまった場合には、二次感染を防ぐ事を考え、早急に対策をする必要があります。

仮に子供さんがノロウイルスに感染してしまった場合、その事で頭いっぱいになってしまっていると、家族内に感染が広がり家族全員がダウンしてしまう可能性もあります。そうなると大変な状態に陥ってしまいます。とにかく嘔吐などの処理をきちんとして、二次感染を防ぐ事を忘れないようにして下さい。

ノロウイルスの特徴(ノロウイルスはこうして感染します)

ノロウイルスは、ヒトの腸内でのみ増殖しますので、ノロ感染者の便や吐物 には大量のノロウイルスが含まれています。

そして感染力が非常に強いので、例え少量であっても十分な注意が必要となります。特に感染者の便や吐物などにが手に付いてしまった場合、その手で触れた場所にウイルスが付着し、手や指を介して ヒトからヒトへ感染 し広がって行きます。

また、ノロウイルスは乾燥すると空中にただよい、これが口に入って感染することもあります。特に保育園や幼稚園、小学校・中学校、または病院や老人ホームなどの施設での感染が多い。感染の多い時期は、秋~春を中心となりますが、基本的に一年中発生があります。特に加熱が不十分な二枚貝には十分な注意が必要です。


ノロウイルスは二枚貝に注意!


スポンサードリンク


スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方