冬の「乾かない洗濯物」を早く乾かす極意

冬場には洗濯物が乾かないと言う事を頻繁に耳にしますが、この悩みを持っている人は多いようですね。確かに冬は日照時間の短かく温度も低いので乾くのが圧倒的に遅いです。外に干しても、室内に干してもなかなか乾かない。確かに困ったものです。

 

スポンサードリンク

まずは冬の洗濯を考えよう!

きっとあるはず!冬には冬の洗濯方法

冬は洗濯物の乾きが遅いと言う事を前提に考えた場合、どのようにしたら早く乾くと思いますか?

とにかく考えてみる事が大切。考えてみると様々な方法が見つかりそうです。普段の考え方を少し変えてみませんか?

 

(冬に早く乾かす方法を模索する場合はこちらをご参考ください)

 

とにかく早く乾く方法は…

冬は乾きが悪いと言う事を焦点にした場合、どうしたら早く乾くでしょうか?例えば一つの仮説を考えてみましょう。

 

もしも厚手の服を1着洗ったとします。今回は複数ではなく1着のみです。

その場合、複数を一緒に洗って干した場合と比べて乾くのが早いと思いますか?同じと思いますか?それとも逆に遅いと思いますか?

 

その答えは、誰でも分かるはず。

 

間違いなく複数一緒に洗って干すよりも、一着で洗って干す方が乾くのが早いはず。更に裏返したり、ポケットを出したりすると早く乾きますが、そんな手間をかけずに、そのまま1着をポツンと単にハンガーにかけて放置しておいても、乾くのは圧倒的に早いはずです。

 

一着だとなぜ

乾くのが早いのか?

 

1着のみ洗って干した場合、複数一緒に干すより乾くのが早いのは何故か。それは考えるほどの事ではありませんね。簡単な事です。他の洗濯物と密接しておらず空気に触れる部分が多いからですね。

 

また、他の洗濯物と密接していないので、寒い冬の場合であれば、周囲の温度の低下がマシと言うのも理由の一つとして考えられるでしょう。

 

ここに大きなヒントがあります。

 

つまり、早く衣類を乾かす為には、空気に触れる部分を多くすること。そして干す衣類が密接していない方が温度の低下がマシで乾きやすくするなら、干す時の感覚を少しでも開けること。この2つが鍵と言う事になります。

 

要するに…

 

スポンサードリンク

冬に洗濯物を早く乾かす為には…

冬場に少しでも早く乾かす事を望むのであれば、冬の洗濯方法を根本から見直す必要があります。それは一度に干す量を減らすこと。洗濯の量を減らす事に他なりません。更に詳しく言えば…

 

早く乾かしたいなら、冬は洗濯物はためずに毎日洗濯することです。

これぞまさに、冬の洗濯の極意と言えるでしょう。

 

ただ、既に毎日洗濯をしていると言う人の場合は、どうしようもありませんね。干す場所をもう一ヶ所、増やすなど検討して見ては如何でしょうか。衣類同士を密接して干さない方法を考えてみて下さい。

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方