家庭で出来る!黄ばみのシミ抜き方法

この写真のシャツを見て下さい。ひどい状態ですね。実はこのシャツ…

 

クリーニングに出し、1年ぶりに着用しようとクローゼットから出した状態のもの。

 

シャツのひどい黄ばみ

クリーニングに出す前も、受け取った時も、こんな黄ばみはなかったはず…一体何が起きたと言うのか?

仮にもし黄ばんでいたシャツをクリーニングに出しいたとしても、こんな状態で戻ってきたらクリーニングに出した意味がありません。こんな黄ばんだ状態でシャツを着て会社になんて行けません。

 

「これがプロの仕事なのか?」

「金を返せ!!」と言いたくなってきます。

 

 

クリーニングに出して黄ばんだシャツ

 

■看板とキャッチフレーズだけ見事なクリーニング屋

 

ちなみに、このクリーニング屋のHPを見ると「しみ抜き職人」やら「しみ抜き除去率98%」など書いている。そもそも98%って数字には根拠があるのか不思議なものです。

このシミの除去率ってのを公開しているクリーニング屋がありますが、シミの付いた服を10点持って行って、本当に9店以上完璧にキレイになって戻って来るのか見てみたくなります。逆に98%ウソですと言っているようにしか見えてきません。実際に、このシャツに関していえば、キレイになるどころか、余計な黄ばみが付いて戻って来ました。

 

皆さんも、同じような経験ありませんか?

 

 

スポンサーリンク

そのそも「黄ばみ」はなぜ起きるのか?

答えは簡単ですね。汗の汚れ、皮脂汚れなど汚れが残った状態だからです。それらが時間の経過と共に酸化してしまい黄ばみが発生します。

洗わずに放置していた場合はわかりますが、クリーニングに出したシャツが1年後に黄ばむと言うのは何故か? これこそ不思議ですね。そして以下のような疑惑が浮上してきます。

 

【クリーニング屋さんへの疑惑】

 

1.もしかして洗ってない?

2.洗わずにアイロンだけしてるとか?

3.洗剤を節約して水だけで洗った?

 

こんな風にすら感じてしまいます。不信感が膨張します。ちなみに、この黄ばんでいるYシャツは「しみ抜きは当店にお任せ下さい」と看板を出している店なのですが、残念でなりません。

 

数年前に「洗わずアイロンだけして返却している」と愛知県クリーニング会社が内部告発された事件がありました。これはにゅーすになりましたね。もしかして同じケースなのかと思い、関係者に起きうる可能性を聞いてみました。

 

なぜクリーニングに出して黄ばむのか?

 

今回の件で、クリーニング会社のS氏に画像を送って見てもらいました。そると第一声に「疑惑の1.2.3はない、単に下手なんじゃない?」とアッサリ回答。そして「汚れが落ちていないと言うよりも、洗剤か薬品かが残留したままの可能性が考えられる」との指摘もありました。

 

クリーニング会社が忙しい4月や5月だと本来は水洗いすべきものをドライクリーニングし、汗の汚れが落ちずに黄ばみが発生した可能性があるとも言われましたが、今回のケースは中和をきちんとせずにアルカリ剤が残ってて、それによる黄ばみの可能性が高いそうです。いずれにせよ本当に残念な結果です。

 

スポンサーリンク

クリーニングに出したらタグとレシートは保管を!

もし、クリーニングのレシートが残っていて、衣類にクリーニングタグが残っている場合、このケースはクリーニング会社に持ち込んでクレームするのが妥当です。そうしないと単なる泣き寝入りです。

クリーニングに出したら、着用するまでクリーニングタグは残し、レシートも残しておきましょう。

今回のケースのように1年後に黄ばみが発生しているなんてケースは頻繁にあります。

 

レシートもクリーニングタグが無い場合でも、クリーニング屋にクリームとして言って見ても良いでしょう。その店が話を聞くか聞かないかは店の品位によりますが、話を聞かない店であれば「今後の利用は一切やめておくべき」です。

逆にしっかり話を聞いてくれ、しっかり対応をしてくれる店であるなら、信頼すべき良い店だと思います。

 

もし話を聞いてくれない場合は、騒ぎ立てず自分でやってみましょう。きっと話を聞かないのは、自信なく修復できないからです。再び任す事に固執するより、自分でやった方がキレイになる場合があります。

 

 

クリーニング屋より、自分でやった方がキレイに!?

ただ、黄ばみを家庭で落とすのは難易度は少し高いです。だから落とせない場合もありますが、やってみる価値はあります。

この家庭で「黄ばみ」の落とす場合のポイントは酸素系漂白剤を使う事、アルカリを使う事、そして温度を高める事です。この3点を意識して根気よくやれば、かなりの確率で黄ばみは落ちます。

 

頑固な汚れの落とし方と同じ方法で出来るはず!

 

黄ばみで悩んでいるなら、ダメもとで自分で実践してみるのも良いでしょう。ただ自信が無い場合は、無理をせずに他のクリーニング屋を探すしかありません。

もちろん、全てのクリーニング屋に問題があるとは限りません。なかには本物の技術者も必ずいます。本当に上手なクリーニング店なら、このようなシミはいとも簡単に落としてくれるはずです。

 

 

スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方