家庭で出来る!ボールペンのシミ抜き方法

衣類に付くシミは色々とあるけれど、その中でトップクラスに私たちを悩ますのはボールペンのシミですよね。

 

スポンサードリンク

このボールペンは水性や油性、ゲルインクと種類が異なりますが、ゲルインクは家庭ではなかなか落ちないので要注意。

 

水性と油性はやってみる価値はあるでしょう。

 

スポンサードリンク

ボールペンの染み抜き方法

ボールペンのシミは水性も油性も台所用洗剤が有効的です。まずシミ部分に台所用洗剤を付けて、そして歯ブラシなどで擦らないようにトントンと軽く叩き、それから濯いでみる。

 

これで落ちそうであれば、この作業を繰り返しましょう。落ちない場合は漂白剤を使います。 漂白剤の使い方は以下の通りです。

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

 

▼ボールペンのしみ抜き実践例はこちら

 

 

油性ボールペンの場合は…

油性ボールペンの場合は「台所用洗剤」を使用する前に、手洗いの際にし使用する「アルコールジェル」などを使うのも有効的です。また「クレンジングオイル」なども油分を落とすのに効果的です。

 

ただし「クレンジングオイル」を使用すると、オイル分が強く、逆に油シミを作ってしまう場合があるのでクレンジングオイルを使用したら次に必ず「台所用洗剤」を使用するのを忘れないようにしましょう。

 

つまり、

「クレンジングオイル」→「台所用洗剤」

この二つはセットで考えておくと良いでしょう。

 

このように考えると少し手間ですので、最初に「アルコールジェル」を使用して、次に台所用洗剤、漂泊、それでも落ちない時には別の手段として「クレンジングオイル」を使用する。そんな流れの方がスムーズかもしれません。この辺は自分にあったやり方でやりましょう。

 

ゲルインクの場合

ボールペンの染み抜き方法に関しては、上記で説明した台所用洗剤の方法が一番簡単でシンプル。シミも落ちやすい。ゲルインクの場合も同じ方法でも良いですが、台所用洗剤では落ちにくい場合があります。

 

そこで使用するのは「固形石鹸」です。使い方は簡単で、単にシミ部分に石鹸を泡立てて、そこに歯ブラシなどでゴシゴシ・トントンするだけ。注意するべき点は、力を入れ過ぎて生地を傷めない事です。

 

ナチュラルエレメンツ
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方