家庭で出来る!果汁のシミ抜き方法

果汁が服についてシミになってしまった場合、そのシミを落とすのは簡単に落ちないケースが多いです。特にベリー系のシミは難易度も高く注意しましょう。

 


果汁のシミ抜きに使うもの

果汁のシミは、乾く前であれば流水だけで落とせたり、台所用洗剤など洗浄成分のあるものを少し使うだけで簡単に落ちます。

しかし一度乾いてしまうと頑固なシミに変身してしまう事があり、酸素系漂白を使った漂泊のシミ抜きをしなくてはいけません。

 

果汁のシミの落とし方

最シミのつた場所に台所用洗剤をつけ、生地を傷めないようにゴシゴシ・トントンしましょう。この段階で落ちたらシミ抜きは終了です。

 

頑固な場合は、アルカリ剤の「セスキ炭酸ソーダ」「液体酸素系漂白剤」を1:1の割合で混ぜシミの場所に塗りましょう。もしくはシミの残った場所に「セスキ炭酸ソーダ」、その上に「液体酸素系漂白剤」をかけるアバウトな方法でもOKです。

 

漂泊のシミ抜きは、アルカリ剤、酸素系漂白剤、そして「熱」の3つが合わさると効果を発揮します。ここで熱としてドライヤーで加熱する方法でも良いし、熱湯をかけるのも有効です。

 

もし熱湯をかける場合は火傷に要注意。また急激な加熱は生地を傷めるリスクもあります。家庭シミ抜きは自己責任になるので、デリケートな素材の場合は無理しないようにしてください。

 

熱湯かけた場合は、5分ほど放置します。それからクエン酸を水で割って「クエン酸水」をつくり、シミ抜きををた場所にかけます。これは中和作業で、アルカリのしみ抜きをした場合は、この中和は必要です。

 

もしここでシミが落ちていたらOKですが、1度のシミ抜きで簡単に落ちるほど甘くない場合が多い。同じ作業を数回繰り返さないといけない場合が多いので、根気よく頑張りましょう。

 

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方