赤ワインのシミを家庭で落とす方法

赤ワインのシミはコーヒーや紅茶のシミと部類は似ています。

衣類にこぼしてスグであれば、水で流すだけで簡単に落とす事が出来ますが、一度乾いてしまうとなかなか落ちない厄介なシミに変身してしまいます。

 

赤ワインを服にこぼしたら、どうしたら良いの?

スポンサードリンク

赤ワインをこぼしたら「白ワイン」で落ちるはウソ!

赤ワインをこぼしてしまったら、白ワインで落ちると耳にすることがありますが、ハッキリ言いますがウソです。気になるなら自分で実験をしてみて下さい。スグに分かります。

 

もし実験をする場合は、水と両方やってみて下さいね。白ワインで洗い流したらシミが薄くなった場合、その後に水でも同じ実験をしてみて下さい。おそらく同じ結果になるはずです。要するに水分で薄くなるだけです。しみ抜きに使うなら単なる水の方がおすすめです。

 


では、ワインのシミはどう落とす?

赤ワインのシミは、家庭で落とせるシミの中でも難易度は極めて高い部類に入ります。シミ抜きと言うのは実際にやってみて、思った以上に簡単に落ちる場合もありますので一概には言えませんが、基本的には難しいと考えて良いでしょう。

 

シミ抜きの工程としては…


①水で洗い流す

②台所用洗剤を使ってみる

③セスキ炭酸ソーダ&酸素系液体漂白剤を使ってみる

④ドライヤーで加熱してみる

⑤クエン酸水で中和してみる

⑤シミの落ち具合を確認してみる


とこのような流れになるわけですが、⑤の確認の段階で全くシミが薄くもなっていないのであれば諦めた方が良いでしょう。少しでも変化が出ているのであれば③④⑤を何度か繰り返してみると赤ワインのシミは落ちる可能性があります。


この時のポイントとしては④の段階。ここはドライヤーで熱をかけて、セスキ炭酸ソーダのアルカリ性の反応を上げている(パワーアップ)工程になるので、3センチほどの距離感で30秒~1分ほどがおすすめです。ただし、デリケートな生地の場合は、ここで脱色や生地の脆化が起きる場合もあります。慎重にしなくては行けません。


このシミ抜きの参考例は以下のリンクでご確認ください。

▼頑固なシミの落とし方




おいしいバイトの見つけ方

 

参考サイト:衣類のしみ抜き辞典

 

 

スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方