布団はダニがいっぱい!本当に大丈夫?

毎日必ず使用する布団のダニは大丈夫でしょうか?「特に健康被害もなく、また体が痒くなっているわけでもないので大丈夫」と油断をして本当に大丈夫?

 

実際には事態は想像以上に深刻。何故なら布団はダニの絶好の住み家!全く何も対策をしないで放置していると大変な事になってしまうケースもあり出来るだけ早い対策が必要です。

 

スポンサーリンク

間違っていませんか?布団のダニ対策

天気の良い日に洗濯物を干すように、布団を干してもダニは駆除できません。最近、TV番組でも「布団は干しても、パンパン叩いても駆除できません」と言った内容が紹介される機会も増え、ご存知の方も多いと思いますが、実際に対策をしている人は少ないようです。

 

布団のダニ対策は大丈夫?

ダニが引き起こす健康被害とは?

布団の中には10万匹以上のダニが存在すると言われ、人間のフケや垢、また埃などをエサにして、高温多湿の環境で増殖しています。ダニの死骸やフンはアレルギー性鼻炎や喘息の原因となり、またアレルギーを引き起こしたり、風邪を引きやすくなったりもします。

 

だから単にダニを退治しても、その死骸などの処理が出来ない場合は、何ら改善にはなりません。布団を干しても、パンパン叩いても、ダニの大半は布団に残ったままと言われています。

 

つまり捕獲し逃がさないのがダニ退治の鉄則

 

ところで「ダニ捕りロボ」を知っていますか?

これはダニが好む食品粉末・ビール酵母・食品添加物を調合した天然由来の誘引剤が吸湿性セラミックによって乾燥させ閉じ込め、ロボットの様にダニをキャッチして逃がさないダニの捕獲用マットのこと。

 

例えば以下の動画を見て分かるように、布団の中のダニが集まって、そして退治し、その捕獲マットの外に逃がさないと言ったもの。

 

 

使い方は簡単。専用ケースに誘引マットを入れて、ベッドマットなどの下に置き、3ヵ月経ったら使用した誘引マットをゴミ箱にポイっと捨てるだけ。とても安全で簡単です。

この【ダニ捕りロボ】はダニが気になる場所に置いておくだけ! ダニが気になっている方、ダニに悩んでいる方には本当におすすめ。
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方