洗濯絵表示マークの見方

洗濯絵表示は2016年12月より、世界で共通に使用されている「国際標準化機構(ISO)」になりました。日本では、今まで国内で製造された場合「日本工業規格(JIS)」の基準で洗濯表示が一般的でしたので違和感を感じる方も多いかもしれませんが、洗濯方法などが特に変わるわけではありません。

 

▼新しくなった「洗濯絵表示」はこちら

 

スポンサードリンク

洗濯表示は単なる目安

洗濯絵表示は洗濯する時の目安として見る分には大切ですが、この絵表示通りに洗わないとダメかと言えば、決してそうではありません。例えば「水洗いはできない」とされていても、洗い方を工夫すれば、洗う事が可能な場合が大半です。

 

▼「水洗いが出来ない」絵表示の衣類を洗う

▼ドライマークの意味って?

 

 

従来の洗濯絵表示の見方

新しくなった「洗濯表示」は別ページで紹介するとして、ここでは従来の洗濯表示を見てみましょう。

 

国内の洗濯絵表示JIS
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方