衣類の防虫加工って効果あるの?

クリーニングに服を出したら「防虫加工はどうしますか?」と聞かれた経験はないでしょうか?これは衣類に直接加工することで虫食いから衣類を守る事が出来ると言った素晴らしい加工です。

もしクリーニングに出したお気に勧められたら、その店が信頼できる店ならクリーニング店での防虫加工はおすすめです。

 

でも、よくよく調べてみたらメリットだけでなく注意点もあるようです。それでは、一度その点を整理してみましょう。


スポンサードリンク



防虫加工の注意点って何?

防虫加工は衣類に直接防虫加工をします。だから一般的に市販されている防虫剤と比べてピンポイントに虫食いを防ぐ事が出来るメリットがあります。ただ気を付けないといけないのは、防虫対策をしているのは、加工されたその服だけと言う事になります。

要するに、クリーニングに全てのウール品などを出して防虫加工するなら問題ありませんが、そうでない場合は防虫加工をしていない服は防虫対策が全くなされていない状態になります。

だから、もしもクリーニング屋さんで防虫加工をするなら、「この服は防虫加工をして、この服は防虫加工をしていない」など把握しておくと良いでしょう。

 

【悪質なクリーニング店に注意!】

この防虫加工は目に見えない加工です。悪質なクリーニング店の場合は、加工をきちんとせず料金だけを取る場合もあるようです。

店頭でどのような工程で、どのように加工して、どのような効果があるのかなど説明が出来ない店は気を付けましょう。悪質なクリーニング店は数多く存在していますので要注意です。

 

ところで…

 

家庭でも簡単に防虫加工が出来るってホント!?

 

 

【ここもチェック】

クリーニング屋さんの防虫加工は2タイプあります。1つは噴霧式のもので時間の経過と共に気化してしまい効果には期限が発生するタイプ。そして2つ目は漬け込みなど衣類の生地に浸透させるタイプ。後者の場合は次の洗濯や着用まで半永久的に防虫効果があると言われています。

期限のあるタイプは安く、効果の長いタイプは少し高額になります。

ただ、これらは利用するクリーニング屋さんがどのタイプの防虫剤を仕入れ加工しているかで、消費者側には選択権はありません。ですので、クリーニングやで防虫加工をする場合は、有効期限は?市販の防虫剤と併用して大丈夫?など必ず確認しておきましょう。もしクリーニングやが回答出来ない(分からない)と言った場合は安価な防虫剤を使っている可能性が高いです。

実は家庭でも簡単に出来ちゃう防虫加工

防虫加工と言うと専門業者やクリーニング店でしか出来ないイメージがありますが、家庭でも加工をすることが可能です。

例えば「プロ防虫エッセンス」と言う洗濯助剤をしようするとクリーニング店と同じ加工が出来るそうです。これは有難いですね。

使い方は実に簡単で、一般的な柔軟剤と同じ要領で使うのみで大丈夫。要するに手洗いでセーターなどを洗った時、濯ぎの浴で規定量を入れるだけでOKです。これは便利で良いアイテムです。

注意事項に関して販売メーカーに直接聞いてみると、濃度を間違えないようにするだけ。もし濃度が薄くなると防虫効果は出ないそうです。逆に濃度を濃くしても危険性などのリスクはなく、ただ勿体ないだけのようです。加工後にペットが服を舐めても大丈夫とか。衣類に直接できる家庭の防虫加工!虫食いに悩む方には最適な品と言えるでしょう。

 

この家庭で出来る防虫加工は簡単ですが、洗濯せずに加工しても防虫効果がありません。洗うのが手間と言う場合は、信頼できるクリーニング店で防虫加工を依頼しましょう!

 

100%効果ある防虫対策は存在しません。

市販の防虫剤、クリーニング店での防虫加工、家庭で出来る防虫加工はそれぞれ効果があります。でも残念ながら虫に食べられる場合もあります。それぞれ効果はありますが100%ではありません。いや、そんなものは世の中に存在しません。

これらの防虫対策をより効果的にするためにも、防虫対策に関して最低の知識、ちゃんと洗ったか?部屋の掃除など環境は大丈夫か?なども見直しましょう。

●意外と知らない正しい防虫対策について

 

■家庭でドライマークを洗うなら…

もっとも人気あるドライマーク洗剤は「ハイ・ベック」です。そして性能的に評価が高いのが「プロ・ウォッシュ」と言って良いでしょう。また安価に手に入る最も一般的なものは「エマール 」になります。


スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方