クリーニングに出したら必ず服をチェック!トラブル回避の基本

クリーニングに出した服を着ようとクローゼットから出したら…

 

シミが残っていた!襟が黄ばんでいた!

 


 

信じられない!と嘆いた事はありませんか?

このような事例は全国各地で起きています。

 

これらの悪質なクリーニングトラブルの回避、また起きてしまった場合のクリーニング店に苦情を言うためには以下の2点がポイントです。

 

(1)クリーニングから戻ったらスグにチェックする

(2)服についているタグは着用時までは外さない

 


   

とにかくクリーニング屋さんを100%信じてはいけません。本当にキレイになってる?と疑う所から入った方が良いでしょう。

 

真面目に丁寧にやっている店がある一方で、品質の悪いクリーニング店は世の中に沢山あります。

 

 

(1)クリーニング後、スグにその場でチェック!

 

シミを落としてほしくて、気になる汚れがあったので…と。色々な理由があってクリーニング店を利用していると思います。しかしクリーニングに出して、それで「もう安心」と油断していませんか?

 

つまり、クリーニングから戻ってきたら必ず袋から出してチェックする必要があります。シミが本当に落ちているか?汚れが綺麗になっているか?必ず確認しましょう。

 

もし落ちていない場合は、再洗いなどを要請しましょう。

 

とにかく受け取ってスグにチェックする事が、後々のトラブル解消にもつながります。しかも出来れば、受け取った時に店員さんの目の前でチェックするがベストです。

 

店員さんの目の前でチェック?

 

少しヤラシイ気もしますが、実はそれが一番良いのです。クリーニング屋さんも後から言われるより、その方が助かるはず。

 

そして仕上がり具合に納得出来ない場合は、クリーニング屋さんに出来るだけ早くに現状を伝え、やり直しを依頼するようにしましょう。

 

▼クリーニングの仕上がりに不満の場合

 

 

(2)タグは着用するまで外さない

クリーニングから服を受け取って、その場でチェックしても見落とす場合もあります。またチェックをし忘れて着用時に気付くって事もありますね。

 

また時間の経過と共に黄ばみが発生するケースもあります。

 

このような時に一番悔しいのが泣き寝入り。汚れが残っていたり、黄ばみが発生している場合はクリーニング店に事実を伝え、再洗いなどを要請してみましょう。

 

しかし、クリーニングに出したのが1年前で…という場合もあるかもしれませんね。1年も経過していたら対応してくれない店もあるかもしれません。しかし未着用でクリーニング番号札(番号タッグ)が残っていたら対応してくれる可能性が高いです。

 

逆に対応してくれない場合は、不誠実な店です。もちろん間違いではないけど、誠実制には欠けますね。そのような店は今後の利用は避けるのが良いでしょう。

 

いずれにせよ、着用時まで番号札を残しておくのが賢明です。

 

   

こんな人は要注意!

何も考えず、何も疑問に思わずクリーニング屋さんを利用してる人って多いようです。特にクリーニングに出した服を確認せずにクローゼットに収納してるなら要注意です。

クローゼットから服を出すとシミがあり「これクリーニングに出したのいつだったかな?」と記憶を探って1年前?半年前?とモヤモヤで終わってしまう。

 

もしくは、シミや汚れが残っていても、仕上がりが悪くても、こんなもんだろうと解釈してしまう。

 

クリーニング後の状態
クリーニング後の状態

このようなクリーニング利用はもったいない!

 

クリーニングに出して仕上がりをチェックせずに収納する人は、衣類を大切に扱っているように見えて無頓着。衣類を大事にしているとは言えません。

 

それでは「浪費」と同じです。

 

そもそも何故クリーニングに出すのか?

クリーニングに出すのは何故ですか?「衣替えの季節だから」と機械的に出している人は考え方を見直しましょう。

 

クリーニングに出すのは汚れているから、シミを落したいから、つまりキレイにするのが理由ですよね。

クリーニング後の状態
クリーニング後の状態

クリーニングに出して、その仕上がりも確認せずに収納する。その結果、そして、袋に入ったままずっと放置。絶対にしてはいけないパターンです。衣類が勿体ない。

 

まず何故この服をクリーニングに出す必要があったのか目的を理解しましょう。そしてクリーニングから戻ってきた時に、きちんと仕上がりを確認する事です。

 

もしも仕上がりが不満足なものであれば、すぐにクリーニング屋さんに伝えましょう。対応が悪い場合、対処が適切でない場合は、今後その店での利用は見直せば良いのです。

 

   
ナチュラルエレメンツ
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方