クリーニング屋の仕上がりが不満どうする?

クリーニングの仕上がりに不満がある場合

クリーニングに出して仕上がりが不満の場合はどうしていますか?クリーニング屋さんに言うって人もあれば、諦めると言う人もあるでしょう。仕上がりが不満の場合は、ハッキリ伝えた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

クリーニング屋さんの本質の見方

仕上がりに納得がいかない場合、クリーニング屋さんにその旨を伝えた時、クリーニング屋さんの力量が分かります。

要するに、プライドをもってきっちり仕事をしているクリーニング屋は苦情や意見に対して、しっかり向き合います。

 

ところがプライドの無い店は、すぐに弁償はどうのこうの、保険がどうのこうの…など、そんな部分にばかり目が行くようです。

クリーニングに不満

 

トラブルが起きた時こそ、クリーニング屋さんの力量を見るポイントなのです。

 

もしもトラブルが起きた場合、しっかり対応してくれるクリーニング屋さんに巡り合えたら、是非多くの人に教えてあげてください。そのような店こそ、本当に信頼できる名店の一つと言えるでしょう。

(弁償や金銭での解決=良い対応ではない)

 

スポンサードリンク

対応力が全くないクリーニング屋さんの場合は?

トラブルにも適切に向き合い、信頼できるクリーニング店がある一方で、信じられないほどズサンな店も存在しています。

 

技術力もなければ対応力も持ち合わせてない。ハッキリ言って最悪です。このような店に出会った場合は、即刻に見切りを付けなくてはいけません。次回からの利用は避けましょう。

 

誠意のないクリーニング店の場合

しかし、仕上がりが納得できない場合は徹底的な抗議が必要です。きちんと対応してくれない場合は、他のお客様がいたとしても、はっきり非を伝えて続けて行く姿勢を貫けば、クリーニング屋さんが間違っている場合は、渋々と重い腰を上げるはず。

 

どうしても納得できない場合は、生活消費者センターに相談した上で話を進める手もありますが、消費者センターに相談して、消費者が望む結果になるのは少ないです。

 

だから直接に何度も抗議するのが実は一番効果的です。明らかに悪質な場合はSNSの利用し、主張を拡散するのも、場合によっては手段の一つかもしれません。

 

ただし、クリーニング屋さんに非が無いのに抗議を続けた場合、誹謗中傷した場合は、脅迫罪営業妨害となる可能性もあります。ここは常識に基づいた適正な行動が必要です。

 

弁償が正しいのか?

お客様からのクレームに対し、「すぐに弁償します」と言うクリーニング屋さんの場合、そこは3流です。そのような店には今後お任せしない方が良いでしょう。ただし、紛失や破損などの場合は除きます。

 

汚れが落ちない、洗う前になかった汚れがある、傷がある、風合いが変わった、縮んでしまったなど、様々なケースがあると思いますが、原因を追究する前に「弁償」と口にしてしまうクリーニング屋さんは、知識に欠けます。今後、大切な服を預けるに値しなさそうです。

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方