クリーニング屋さんの見極めポイント!

クリーニング屋さんが、良い店か、そうでないかを見極める最も適切な方法があります。それは受付がキレイかどうかです。店が新しい古いなどではなく、清潔感か否かです。チェックしてみましょう。

考えてみて下さい。お客様の服を預かって、それをキレイにしてお返しする事を業務としているのがクリーニングの仕事です。その窓口たる受付が清潔でないような店は、工場内がキレイとは言い切れないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク



受付が清潔でなく、溶剤管理が出来てるわけがない

「当店はキレイな溶剤で洗っています」「溶剤管理をきちんとしています」「他社の溶剤はコレ!当店の溶剤はこれです!と比較画像を公開」などクリーニング屋さんのホームページを見ると、素敵なことが書かれているページを良く見かけます。

 

果たしてそれは本当でしょうか?

 

それらが本当かどうかを見極めるのに、受付の清潔感を見たら一目瞭然。常に受付を清潔に保っている店は、工場も溶剤もキレイにしていると推測出来ます。

 

もし受付がキレイでない場合は、工場も清潔でない可能性が高いです。工場が不潔と言う事は、溶剤管理なども適正に管理できていない可能性が高いと考えられます。ドライクリーニングで溶剤管理が出来ていないと言う事は、常にドロドロの液で洗濯してることを意味します。


クリーニング屋さんが、この文章を見たら、「そんな事はない」「工場と受付はイコールではない」と言うかもしれません。

でも冷静に常識的に考えてみて下さい。受付とはお客様を迎える場所。お客様が目にする唯一の場所。そこを清潔に出来ず、お客様が見えない陰の部分だけを清潔にしているなんて、誰が信じると思いますか?

 

説得力に欠けるのではないでしょうか。そのような店に限って、お客様の洗う前の衣類を平気で土足の床に直接置いたりしているもの。このような店はお客様の服を預かっていると言う意識、キレイにすると言う意識が欠けているのです。キレイにすることを仕事としているなら、受付も工場も清潔で当たり前なのです。

 

もう一度言います!

 

受付に清潔感のないクリーニング店は

決して利用しないこと!

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方