毛布クリーニングの金額相場は?

毛布はどのように洗っていますか?自分で洗っていると言う人、コインランドリーを使っている人、またクリーニング屋に持って行っている、取りに来てもらってると言う人もあるでしょう。

経済的な面から考えたら、当然自分で洗うのが最も安く、次にコインランドリー、そしてクリーニングが一番コスト高になります。

 

では、クリーニングに出した場合の相場はいくら位なのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

もっとも人気あるドライマーク洗剤は「ハイ・ベック」です。そして性能的に評価が高いのが「プロ・ウォッシュ」と言って良いでしょう。また安価に手に入る最も一般的なものは「エマール 」になります。

 

 

もしクリーニング屋に毛布を出した場合、その金額の相場は…

 

シングルで1000円、ダブルで1200円

 

と言った所でしょう。合わせの場合は上記の金額にプラス200円と言った所でしょうか。毛布1点でこの価格ですから、洗ってもらうと言うスタイルはどうしても高くなってしまいます。もしコインランドリーを使うなら、その価格は三分の一以下に抑える事が可能。

 

クリーニング屋とコインランドリーの差は?

毛布に限っていうならば、クリーニング屋で洗っても、コインランドリーで洗っても仕上がりの品質は変わりません。

何故なら、毛布に汚れがあってしみ抜きをするかと言えばクリーニング屋はしません。またアイロンで仕上げるものでもない。要するにただ洗うだけだからです。

もし違いがあるとすれば使用している洗剤の差でしょう。コインランドリーで自分で洗剤を入れる事が出来るなら、クリーニング屋以上の洗い上がりが期待できます。クリーニング屋の場合、普段使用している洗剤は安価なものを使用している店が大半だからです。

(もちろん、こだわった洗剤を使用している店もあります)

 

コインランドリーを利用する場合の注意点は?

毛布を洗うならクリーニング屋を利用するよりもコインランドリーを使用する方がおすすめですが、注意点もあります。それは衛生面です。

犬猫の毛布や子供の嘔吐、おしっこが付いたものをコインランドリーに持ち込んで洗っている人が必ずあるからです。

これは確認することが出来ませんので、そのコインランドリーを利用している客層を見極めるしかないのです。特に人の流れの少ないコインランドリーは避けた方が良さそうです。

 

クリーニング屋なら衛生面は大丈夫?

コインランドリーの衛生面が心配なのでクリーニング屋なら安心って方もあるかもしれませんが、実際はそれほど大差ありません。

ただ、嘔吐のものをそのまま洗うって言う様な最悪な状況はないので、そんな意味ではクリーニングの方が安心できます。

毛布クリーニング、コインランドリー

もちろん、クリーニング屋によっては細かくメンテナンスをしている会社もあります。しかし、殆どは細かい清掃やメンテナンスはなされていないのが現状です。

ここを心配するなら、個人でやっているクリーニング店を利用するよりも大手チェーン店の方がまだ安心な場合が多いです。その理由は、大手の方が資金力があり、設備投資がしっかり出来ているからです。個人のクリーニング店はこの点が弱い傾向があります。

しかも、大手チェーン店の方が毛布のクリーニング代が安い傾向がありますので、もし利用するなら、街中にある個人のクリーニング店よりも大手チェーン店が安心して使えます。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方