梅雨の洗濯はエアコンのドライを活用しよう!

梅雨の季節は洗濯物がなかなか乾きません。洗濯物の乾きが悪いと、どうしても雑菌などが繁殖して嫌なニオイを発生させてしまう場合があります。このニオイを何とかしたいものですね。

では、ここではエアコンのドライ活用について紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

梅雨は部屋の湿度が高い

洗濯物は湿度が高い環境では基本的に乾きません。だから梅雨のジメジメした時期に部屋干しと言うのは根本的に乾くわけがないのです。洗濯物の乾きが悪いと、残留した汚れが変質したり、そこから雑菌が発生して嫌な臭いの原因を作ったりもします。

梅雨に洗濯物をする場合は、部屋干しがダメと言う考えではなく、湿度を何とかすると言う考え方に切り替えるのがポイントです。

 

部屋の湿度を見直したら洗濯物は早く乾く?

梅雨と言う時期は、そもそも湿度が高い時期ですので、部屋の中でもカビなどが発生しやすい時期になります。例えば洗濯物を部屋干しにする場合、干す場所が無いからと言ってカーテンレールなどに洗濯物を干したりしていると、カーテンにはカビが発生し、濡れた洗濯物が触れる壁なんかもカビが発生しやすくなります。

 

そこで活用したいのがエアコンの「ドライ」の機能。電気代が少しかかってしまうのは残念ですが、部屋がカビっぽくなったり、壁紙に黒い斑点が出来始める方が結果的に無駄なお金の原因になります。

 

毎日、エアコンを付けると考えると電気代もかかってしまいますので、週に3回、4回など決めて使うのも良いと思います。また洗濯物を部屋干しする時だけは「ドライ」にするでも大丈夫でしょう。

 

ただ、「洗濯はためてからする」って方は要注意。梅雨の季節にそれをしてしまうと洗濯物はカビが発生してしまう可能性が高く、また雑菌が発生しやすくなるのでニオイが発生しやすくもあります。

ここは要注意ポイントになります。湿度の高い時期は特に小まめな洗濯が必要です。

 

▼梅雨の季節、洗濯物のニオイ対策はこちら

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方