梅雨の洗濯対策って効果あるの?

ジメジメした梅雨の季節、洗濯物がなかなか乾かないって悩みが多くあり、それに対する対策がHPで数多く紹介されていますが…

 

実際の所、それを実践してみて効果があるのでしょうか?

 

もしも、やらないよりやった方が少しマシなレベルであったり、効果があるとしてもスズメの涙程度って事も考えられます。あまり効果ないなら無駄な労力は使いたくないですね。

 

では、実際の所どうなのか?少し考えてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

早く乾く干し方について・・・

このサイトでも紹介していますが、早く乾く干し方について、皆さんはどう思いますが、空気の流れを作る事で早く乾きやすいと紹介をしていますが、本当にそれで悩みが解決するのでしょうか?

 

実際には、それほど大きくは変わりません。

 

ただ、やらないよりやった方が断然マシですが、手間をかけて、頭を悩ませてやった割には…と言うのが正直な所だと思います。もちろん裏返してポケットを出して干すなどは効果的です。これは実践しても面倒ではないので、普段からやってみるのがおすすめ。

 

【Point】

毎日洗濯することで、1回の洗濯物の量を大幅に少なくできれば干す場所にユトリが出来ます。乾きにくい梅雨や冬場こそ、毎日小まめに洗濯しておくと、乾きにくいと言う悩みは持たずに済むかもしれません。

●詳しくはこちらでも紹介しています。

 

脱水時間を長くする方法について…

この方法を紹介しているサイトは多くありますし、実際に実践した人も多いと思います。脱水時間を長くしなくても一緒に乾いたタオルを入れて脱水したって方もあるはず。

 

実際にやってみた方はどうでしたか?

 

確かに乾くのは早くなりますが、でもシワになります。シワになってアイロンが必要になって、手間がかかる。これって非効率ですね。だからタオル類や肌着などを洗う場合には、この方法は良いと思いますが、厚手の服やシャツなどに関しては実はおすすめして良いのか微妙なのです。シワシワって後が面倒で大変なのです。

 

 

では…何が一番良いのか?

 

 

 

スポンサードリンク

梅雨の季節の洗濯は・・・

梅雨の季節の洗濯は、こんな事を言ってしまっては何も答えにはなりませんが、一番は乾燥機を使う。もしくは浴室乾燥で乾かすのが、やはりベストなのかもしれません。

 

これらは電気代がかかってしまいますが、わずか約一ヶ月。この時期に臭い思いをしたりするのはバカバカしいですね。またカビを発生させてしまったりしたら、それこそ落ちません。勿体ないです。

 

梅雨の季節は細かいテクニックを考えるのも悪くありませんが、中途半端な形になってしまうようであれば、実は乾燥機や浴室乾燥を素直に使っておくのが一番賢いとも言えるのです。

ただ、細かいテクニックをきちんと出来るなら、もちろん乾燥機などに頼らずガンガン実践すると良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方