梅雨の洗濯物が臭い!対策方法は?

梅雨の時期に洗濯物を干すと、乾きが悪いだけでなく、乾いたかと思って着用したら何か変なニオイがする…そんな事ってありませんか?特にシャツで多いようです。

 

このニオイが嫌で梅雨になるとコインランドリーまで行って乾燥させたり、クリーニングに出したりと言う方もあるようですが、何だか勿体ないですね。


もし、この梅雨時期の洗濯物のニオイが解消できる良い方法があれば実践してみたいと思いませんか? と言う事で、

今回は洗濯物のニオイ対策を考えてみる事にしましょう。

 

スポンサードリンク

ところで、ニオイの原因は何?

部屋干しにした時、あの独特なニオイはの原因は一体何でしょうか? これらのニオイの元となっているのは「中鎖アルデヒド」「中鎖アルコール」「ケトン」「窒素化合物」「硫黄化合物」「脂肪酸」などの物質で、これらは洗濯で落としきれなかった微量な汚れが変質したり、雑菌が繁殖したりしてニオイが発生すると言われています。

 

本来であれば、外干しで日光(紫外線)による殺菌効果、また早く乾く事で衣類から水分を早く取り除く事で雑菌の繁殖が起きにくく、嫌なニオイも発生しにくいのです。

部屋干しで、ニオイを出さない方法は?

本当は天気の良い日に外干しをしたいけど、梅雨の時期はどうすることも出来ません。そんな時のニオイ対策を考えてみましょう。

 

①洗浄力をアップさせる、温度を上げる

②アルカリ剤、酸素系漂白剤を使う

③早く乾くように工夫する

 

その対策の一つが洗浄力をアップさせることです。これは衣類に負担がかかってしまうので全ての服に対応出来るわけではありませんが、洗濯時の水温を40℃ほどにアップさせると洗浄力は格段に上がり、ニオイも起きにくくなります。

また、洗濯の時にアルカリ剤や酸素系漂白剤を入れてあげるのも効果的と言えます。そして乾かす時には扇風機などを使って少しでも早く乾く工夫をするようにしましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方