洗濯嫌いが洗濯好きになる方法は?

「洗濯なんて好きじゃない」「仕方ないからやってる…」って人は多いと思います。しかし、その反面で「天気の良い日は洗濯したい」「洗濯好き」「シミが付いたら自分で何とかしたい」って人がいるのも事実。

洗濯好きになる方法

でも、どうせやらなくてはいけない洗濯イヤイヤやるより好きになった方が良いと思いませんか。

 

スポンサードリンク


■なぜ洗濯が楽しくないかを考えてみよう!

洗濯が嫌いな人は、衣類をキレイにする楽しさに視点を置いていないと言えるでしょう。例えば、洗濯機に服を入れスイッチを押すだけを「洗濯」と捉えたら、それこそ楽しいはずもありません。

要するにスイッチを押すだけの洗濯は、確かにラクですが、これでは洗濯が単なる作業となってしまい、日々毎日同じ動作の繰り返しは徐々に苦痛となって行くのです。

 

そこで普通に洗濯機で洗って落ちないようなシミを見つけたら、「これは台所用洗剤で、これはクレンジングオイルで簡単に取れるんだよねぇ~」などと言いながらプロっぽくシミを取れるようになると、きっと洗濯も楽しくなる気がしてきませんか?

 

洗濯が好きか嫌いかは、やり方を知ってるか知らないかで決まる!

 

洗濯が好きか嫌いかはやり方を知っているかで決まる!と言うのは断言はできませんが、大いに関係していると言えるでしょう。

シミが付いたからクリーニング、この服は洗濯機で洗えないからクリーニング、そんな連鎖的なクリーニング屋の使い方こそ浪費そのものと気が付いた時、きっと洗濯は楽しくなるはずです。

 

もちろん、クリーニングに出すことが良くないと言う意味ではありません。「シミ=家庭でとれない=クリーニング」と言う流れが浪費につながると言う意味です。クリーニングの利用が必要場合もあります。

 

では、洗濯好きになる為の方法を具体的に考えてみましょう!

 


■ドライマーク洗剤って何がおすすめ?
もっとも人気あるドライマーク洗剤は「ハイ・ベック」です。そして性能的に評価が高いのが「プロ・ウォッシュ」と言って良いでしょう。また安価に手に入る最も一般的なものは「エマール 」になります。
スポンサードリンク




スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方