洗濯表示が新しく変わる?

皆さんはご存知でしょうか?2016年12月1日より洗濯表示マークが新しく変更となりました。今まで私たちが見て慣れ親しんできたマークはJIS規格と言うもので日本独自のでした。

 

それが今後は12月より国際規格の洗濯表示に変わります。この変化は私たちの生活にどのように影響を及ぼすのでしょうか?

 

スポンサードリンク

これからの洗濯表示は暗号のようになる?

私たちが見慣れた洗濯表示の代表的なモノとしては「ドライマーク」があると思います。このマークは最近では洗濯機や洗剤にも描かれ、「ドライコース」や「ドライマークが洗えます」などと言った記述でも見かける事が多いですね。

 

例えば、以下の洗濯表示マークは同じジャケットに付いていたもの。それでは、どのように変わるかを見てみましょう!

 

今までの洗濯表示
今までの洗濯表示マーク

 

これからは、上の親しんだマークが無くなり、下の世界共通で使用されている洗濯マークに変わっていきます。

 

新しい洗濯表示
2016年12月以降から国際基準の洗濯表示マークに変わる

 

ここで気になるのが○△□と言った暗号のようなマーク。しかも○に関して言えば「P」の文字が入っています。

 

ここは難しく考えず、簡単に考えましょう!

 

〇は従来のドライマークに形が似てますね。これは洗濯方法を意味してます。△はフラスコっぽい形をしてるので塩素の使用に関して、□は乾燥機をイメージしてタンブル乾燥や干し方に関してです。

 

もし〇の中に「P」「F」などの文字があっても無視でOK。これはクリーニング業者しか扱えない石油などのドライクリーニング溶剤の種類を示す基準で家庭洗濯には関係ありません。

 

▼細かく国際基準の洗濯表示マークを確認するならこちら

 

 

新しい洗濯マークになって、どう変わる?

今までのJIS規格から国際基準のマークに変わる事によって、慣れないマークで困惑もあるかもしれませんが、基本的にはそれほど心配することはないでしょう。これから新しく製造される衣類には新しいマークになって行きますが、きっと徐々に慣れますし、洗濯表示は水洗いが出来るか否かだけ分かれば9割はOKだからです。

 

そもそも洗濯表示が必ずしも正しいわけでもありませんので、表示に左右されるのではなく、素材や衣類のデザインや形などで、どのような洗いが適切か判断出来るようになるのが一番なのです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方