洗濯機を買い替えるタイミングは?

そろそそ我が家の洗濯機も10年になる…家電って10年頃から一気にガタが来ると聞いた事があるけど心配だ。そう言えば洗濯機から異音が聞こえる。洗濯物に嫌な臭いが付く気がする。

 

子供の成長や家族構成が変わり洗濯容量が使用している洗濯機では足りなくなるケースもあるでしょう。また引越しのタイミングで新しい洗濯機を検討する方もあるかもしれませんね。

 

洗濯機が故障してしまったら…
洗濯機を買い替える時の目安

もし現在使用してる洗濯機が5年~10年近く使っていて、音や臭い、また容量などの問題で悩んでいるなら新しい洗濯機に買い替えるタイミングと言えるでしょう。

 

何故なら、新しい洗濯機は新しい機能だけでなく、節電節水効果も高く、月々にかかるコストを大幅に削減させてくれるからです。

 

スポンサードリンク

最近人気の洗濯機機能は?

ここ最近、洗濯機内で温水(10℃~60℃)を作り出し、汚れをより強力に取り除ける機能が人気を集めています。温水ならお風呂の残り湯で十分って考え方もありますが、必要な時に温水が使えるのは便利。

 

パナソニックは、衣類を温水につけ置き、洗濯から乾燥するタイプ。

日立は、温水ミスとを衣類にかけて温めてから洗浄タイプ。

 

いずれも温度を上げることで、通常では落ちにくい汚れや臭い対策に高い評価を得ています。特に2016年から2017年で人気ある商品は以下の2つです。

 

これらの2つの洗濯機を見て「あれ?」って感じた方もいると思いますが人気で注目を集めている洗濯機が縦型でドラム式ではありません。確かにドラム式は今も人気がありますが、ここ最近は縦型の人気が再び過熱して来ています。

 

洗濯機の縦型とドラム式は何がどう違うのか気になりますね。見た目のスタイルからドラム式洗濯機に憧れる方も多いと思いますが、見た目だけでなく使い方や特徴などをしっかり理解した上で選ぶことが大切です。洗濯機は安い買い物ではありませんので、購入した後に「しまった」何て思う事がないようにしたいですね。

 

では、次のページで縦型とドラム式の違いを見てみましょう。

 

 

次のページへ

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方