洗濯好きが「縦型」洗濯機を選ぶ理由

洗濯機を購入する時、ちょっとした憧れでドラム式が欲しくなりますが、実際にはドラム式よりも縦型洗濯機の方が人気があります。それは金額的な理由もありますが、使い勝手も大きな理由です。特に洗濯好きや洗濯上手な方はドラム式よりも縦型を選ぶ人が多いようです。では、その理由を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

衣類を長持ちさせる洗濯とは?

基本的に洗濯とは、洗濯機に任せきりにしてスイッチをポン!と押すだけではなく、ほんの少し人の手を加えてあげるだけで、圧倒的にキレイになったり、衣類を長持ちさせることが出来ます。

「めんどくさい」で終わらせてしまわず「ちょっと手を加える」これだけで洗濯は一気に面白くなるのです。

 

その為には、ちょっとしたマニュアル操作が必要となります。マニュアル操作と聞いて「面倒」と感じる方もあると思いますが、至ってシンプルですのでご安心ください。

 

縦型洗濯機で衣類を長持ちさせる洗い方

縦型洗濯機に多いマニュアル機能

①洗い時間を1分単位で設定する

洗濯機によっては細かく設定できないものが多くあります。この機能があるかをチェックしましょう。

 

②すすぎが1回から設定できる

必要以上にすすぎをする必要はありません。1回からすすぎが出来る機能はあると便利です。

 

③脱水が1分単位で設定できる

セーターなど手洗いした時、脱水だけ使いたいと言う場合に便利な機能です。かなり必要な機能ですので有無は要チェック。

 

④洗濯途中で蓋を開ける事が出来る

安全機能が強すぎて、洗濯途中で蓋が開かないものが多くなって来ています。特にドラム式は開けれません。途中で開けてと言う行為は時に必要なので、この機能は備わってるものを買っておきたい。

 

⑤水流が調整できる

これはそれほど重要ではないが、あると便利。東芝の縦型洗濯機の機能にはありますが、他では導入されていないかもしれません。衣類に合わせたこだわった洗濯を目指すならおすすめです。

 

東芝

東芝全自動洗濯機 AW-5G3(W) グランホワイト AW-5G3(W)

新品価格
¥39,800から
(2017/1/10 11:41時点)


洗濯機を購入する時は、家電メーカーとネットと両方を見比べて購入するのがおすすめです。店員さんから「おすすめポイント」や「洗濯機の機能」に関する説明を聞き、しっかり吟味したうえで、ネットの価格と見比べ、同じ製品があれば安い方で購入すると良いでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方