洗濯機を買うと決めたら…

そろそろ洗濯機を買い替えようと思うんだけど、何を買えばよいのか分からないって方は多いですよね。でもそれが普通です。

家電製品を買う場合、一番良い方のは電気屋さんに行って、店員さんに何がおすすめかを聞き各メーカーの特徴を知る事です。出来れば2店舗以上行くこと。別々の店で同じような説明があれば、まず内容に間違いはないでしょう。

 

その上で、何を基準に買ったら良いか?基準の軸を決め、それから店舗で買ったほうが安いか?ネットで買った方が安いかなど金額面を確認するのがおすすめ。

 

洗濯機のおすすめポイントを聞いてみましょう

スポンサードリンク

洗濯機は見た目で選ばないこと!

洗濯機を買う場合は、「縦型」「ドラム式」と大きく分けて2つの種類があります。これらは、それぞれ長所と短所がありますので、どちらが良いかに関しては人によって異なります。

 

気を付けたいのは、店員さんが「ドラム式」を推薦するから、これが一番売れてるらしいから、見た目がカッコイイからと言う理由だけで選んでしまう事。このような選び方は後で絶対に後悔することになりますのでご注意ください。縦型とドラム式に関しては前ページで特徴を紹介していますのでご参考ください。

▼縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いは?

▼洗濯好きな人が縦型洗濯機を選ぶのは何故?

 

 では、何を基準に洗濯機を決めたら良いのか?

 

洗濯機を選ぶ基準は、人それぞれと思いますが、一つの考え方としては、日常の洗濯物の量。多さで決めるのがおすすめ。

 

 

例えば、ドラム式を考えてる場合…

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いを紹介しているページで書いたように、ドラム式洗濯機は本来は業務用の洗濯機を家庭用として販売したモノになります。

業務用の大きさであれば問題もありませんが、家庭用のサイズの場合は叩き効果が弱く、洗浄力が物足りないと言う点があります。

この場合、洗濯量が少なければ…それほど問題はありませんが、洗濯の量が多くなると洗浄力が大幅にダウンします。

ドラム式洗濯機を買おうと考えている場合

もし子供さんのいる家庭でドラム式洗濯機を購入するなら、出来るだけ大型を購入する方が良いでしょう。ただしマンションや賃貸などの場合は、設置場所の問題もありますので、その部分は要確認です。

 

スポンサードリンク

3人家族までなら…

一人暮らしや夫婦だけの二人、もしくは三人家族なんて場合は、ドラム式よりも縦型洗濯機の方が適しています。これも洗濯物の量であったり、生活環境や物事の捉え方によって、必ずしもこれが正しいと言う事ではありませんが、あくまで参考として、洗濯物がそれほど多くないのであれば、タテ型の方が良いでしょう。

 

タテ型洗濯機=洗浄力が高いが、衣類に負担がかかることもある。

ドラム式洗濯機=優しい洗い方だが、洗浄力が弱い。

 

ただし、ドラム式も大型になると洗浄力がアップします。それは大きドラムで回転しながら洗うので叩き効果が発揮できるからです。

 

一般的に洗濯物が少ない家庭で大型の洗濯機を買う事は少ないと思います。やっぱり洗濯機は高いですから。ですので、特に洗濯物の量が多くない場合はタテ型がオススメです。

この考え方が全て正しいとは断言できませんが、洗濯機を購入する一つに参考基準としてみても良いかと思います。

 

スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方