洗濯機はタテ型?ドラム式?

洗濯機の購入を考えるとき、「私、ちょっとドラム式に憧れてるんだよね~」って方が多いようです。確かにドラム式はスタイルも素敵だし、クリーニング工場にある洗濯機と形も似てて、汚れもキレイに落ちそうに感じます。確かにドラム式には長所も多くありますが、知っておいたほうが良い短所もあります。

 

前ページで洗濯機を買い替えるタイミングについて紹介しましたが、そもそもタテ型ドラム式と種類が大きく分かれていますが、それぞれ洗濯において何がどう違うのでしょうか?何をポイントにして洗濯機の購入を考えたら良いのかを再確認してみましょう。

 

スポンサードリンク
タテ型洗濯機
タテ型洗濯機
ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機

 まず、「タテ型」と「ドラム式」の特徴を見てみると…

 

タテ型洗濯機の特徴

このタテ型の洗濯機は、水槽に水を溜め、洗濯槽の底にある「パルセーター(羽根)」を回転させることで渦巻き状の水流をつくり洗濯します。撹拌(かくはん)水流による「もみ洗い」をイメージすると良いでしょう。

 

たっぷりな水で泡立てて回転させて洗うので汚れは良く落ちると言うメリットに対し衣類を傷めやすいと言うデメリットがあります。また乾燥はヒーター式で、電気代は少し高く、またシワがあったり半乾きである場合もあります。

 

洗濯機は何を基準に選べば良いんだろう?

ドラム式洗濯機の特徴

ドラム式の洗濯機は、ドラム槽ごと回転して衣類を上から下に落として洗う「たたき洗い」の方式になります。クリーニング屋さんやコインランドリーにあるタイプもコレです。

ただ、どうしても縦型に比べると洗濯時間が長く、洗浄力が少し弱くなってしまいます。業務用の場合ですとサイズも大きくたたき効果もアップしますが、家庭用の場合はどうしても弱くなります。

 

少量の水で節水で優しく洗えると言う特徴があるけど、水量が少ない事で逆汚染して色いタオルが黒ずんだりすると言う声も多い。乾燥はヒートポンプ式で、比較的電気代も安く素早く乾燥させることができます。

 

 

洗濯上手な人は縦型洗濯機を選ぶ?

いかがでしたか? ドラム式の方がプロっぽく見えますね。しかし洗濯上手な方はドラム式ではなく縦型を選ぶ方が多く、実際に本当に洗濯好きな人には縦型がおすすめです。その理由も含め、次のページでは洗濯機の選び方に関してより詳しく見てみましょう。

 

前のページに戻る 次のページへ

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方