ドライマークを洗う洗剤って必要?

ドライマークを洗う洗剤

「ドライマークが洗える」洗剤が最近とっても売れています。今までクリーニングに出さないといけないと思ってた服が実は簡単に家で洗えると言う事が一般的になってきました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

もうクリーニングは必要ない!簡単に自宅で洗える時代

実際に簡単に自宅で洗えることが分かると、何で今まで高い金額を支払ってクリーニング屋さんを利用してたんだろ?と感じる人も少なくないようです。大きな節約になりますね。

ところで、「ドライマーク」を洗う洗剤って沢山あるけど何が一番良いのか?また、普通の洗濯洗剤と何が違うのか?この点が気になると言った方が多いようですね。

 

 

ドライマーク専用洗剤って何があるの?

もっとも人気あるドライマーク洗剤は「ハイ・ベック」です。そして性能的に評価が高いのが「プロ・ウォッシュ」と言って良いでしょう。また安価に手に入る最も一般的なものは「エマール 」になります。

ドライマークについてもっと詳しく!

スポンサードリンク

ドライマークを洗う洗剤って何が違うの?

一般的に市販されてる洗剤と、ドライマーク専用とされる洗剤って何が違うのでしょうか?


もし仮に普通に市販されてる洗剤(ドライマーク用洗剤以外)でウールのセーターを洗った場合、実際には何も問題なく大丈夫なこともあります。では一体何が違うのでしょうか?


それはドライマーク用洗剤は繊維を滑らかにして洗う事が出来る特徴を持っているという事。つまり、毛足の長いウールは水に濡れるとウロコ状のものが開き周囲と結びついて絡み合って縮みが発生しやすくなります。一方でドライマーク用洗剤は、繊維を滑らかにして洗うことが出来ますので絡みにくく、縮みも起きにくくなると言う仕組みです。


スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方