洗剤の量を多くしたら洗濯物はキレイになる?

洗濯をする時に、汚れがひどい衣類を目にすると、ついつい洗剤の量を普段より多めに入れたりしたくなりますね。洗剤の量を増やすとキレイになるような感じがしますが、実際はどうなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

■洗剤の量について

汚れが強いと心理的に洗剤の量を増やしたくなりますが、実は必要以上に洗剤の量を増やしてしまうと逆効果って知っていましたか?

洗剤の量を必要以上に増やすと洗浄力は逆の落ちてしまいます。例えば「洗剤と船上の化学」と言う書籍で紹介されている図が洗濯のサイトで紹介をされていましたので参考にさせてもらいました。その図は以下のようになります。

この上の図を見て分かるように、界面活性剤の濃度が多くなったからと言って洗浄効率も上がっていると言うことが見て取れます。界面活性剤の濃度が高くなると言うのは要するに洗剤の使用量が多いと言う事を意味しています。

 

洗剤の量 ≠ 洗浄力

 

洗剤の量を増やせば洗浄力も上がると言うのは間違っていると言う事です。この事は頭に入れておきましょう。それに必要以上の洗剤を使用することは排水などで環境汚染につながる事も考えられます。

 

要するに洗剤メーカーが容器などに記している使用量こそが、実は一番洗浄力が高く、適切な使用量なのです。

 

スポンサードリンク

■部分的に汚れがある場合はどうしたら良いの?

もし洗濯物の汚れが強い場合の対処法は、それが部分的なものである場合は、洗濯機に入れる前にしみ抜きなどしておくのも手段の一つと言えます。

▼家庭で出来る衣類のしみ抜き

 

もしくは簡単に考えるなら、洗濯機に入れる前に、食器用の台所用洗剤を使って、その部分だけを歯ブラシなどを使って軽くゴシゴシしてから、洗濯機に入れるのも効果的です。特に食べこぼしなどには有効的ですよ。

 


■全体的に汚れが強い場合はどうしたら良いの?

もし、全体的に汚れが強い場合は、1度普通に洗ってみて、そして汚れの落ち具合を見てから、次の洗濯にも入れてみるのも良いでしょう、要するに2度洗いです。これも効果的な手段ですので、参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方