えっ!冬に洗濯物が乾かない原因は湿気?

洗濯物を早く乾かす為のコツ!湿気を考える

洗濯物がなかなか乾かない!そんな時は、今その時期を考えてみて下さい。その乾かないで悩んでる時って何月ですか?

その乾かない原因はおそらく「湿気」にあります。当然ですが、湿気が多い時期は乾きが悪くなります。それなら、湿気対策を考えると洗濯物が早く乾くと言う事になりますね!!

 

スポンサードリンク

梅雨の時期の湿気対策!

ジメジメした梅雨の時期は、外に干すよりも室内に干した方が良いケースが多々あります。ただ単に室内干しにするだけでは意味がありません。室内干しプラスアルファーが必要になってきます。

それはどんなことでしょうか?少し考えてみましょう!!

 

梅雨は洗濯物が乾かなくて困る

乾燥した寒い冬も…実は湿気対策が必要!?

梅雨の湿気対策を紹介する前に、冬の事にも触れておきましょう。何故なら梅雨の時期同様に、冬も洗濯物の乾きが悪いのは周知の事実です。それは気温が低いのが原因ですが、空気が乾燥している冬も実は湿度が大きく影響しているんですよ。

 

え?でも…

 

冬と言えば空気が乾燥しているはず!?

一体、何故なのでしょうか?

 

つまり気温が低いと、洗濯物から発する水分は湿度となって、衣類の周りに停滞してしまいます。要するに洗濯後の衣類の周囲は湿気だらけと言う事になります。それでは当然乾きませんね。外や部屋の中は乾燥していても、衣類の周辺だけ湿気ムンムンと言った感じなのです。

 

湿気が乾かない原因と知った上で

対策を考えましょう!

 

 

冬の洗濯物への湿気対策としては…

湿気が衣類を乾かすのに天敵と知った上で、その対策を考えてみましょう!もし即解決したいのであれば、乾燥機を使うのが一番。梅雨のジメジメした時期だけ、冬場だけ乾燥機を使う、もしくはコインランドリーを利用すると言う人もきっとあるはずです。

もしくはエアコンを使う、お風呂場の乾燥機を使うと言う人もあるかと思います。これらは、乾燥を早めるのに、とっても有効な方法です。ただ、エアコンを使う場合はドライに設定するとより効果的ですが、冬場はこの設定は適切ではありませんね。

 最も安易で有効なのが扇風機の風を当てるという手段もあります。要するに空気の流れを作る事になりますが、冬場の場合、扇風機は片づけてしまったと言う人も多いかもしれませんが、このような手段もありますので、場合によっては1年中出しておいても良いかもしれません。

他には室内干しの場合は、意外と新聞紙を洗濯物の下に置いておく、また湿気とり用の除湿剤などを利用知るのも効果的です。ぜひ一度試してみて下さいね。

 

●ワンポイント・アドバイス

梅雨の時期の場合は、部屋干しをすると部屋全体の湿度が上がりカビが発生しやすくなる可能性があります。その対策として、必ず湿気が逃げるように窓を開けておきましょう。出来れば扇風機を使って、風が流れて行く先の窓を開けておくのが理想的。

冬場の場合は、部屋は乾燥していますので、加湿の意味でも寝室に干すとと言う人もあるようです。夜に洗濯して、寝てる間は寝室のカーテンレールにかけて干すなどのケースが多いようです。ただ、この場合気を付けておきたいのが、カーテンレールに面してる部分は乾きが悪いのと、それを常時していると、カーテンがかびやすくなるのでご注意を。冬場は干しかける場所を作っておくのが良いでしょう。

 

▼室内干しのアイディアはこちら

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方