徹底的に洗濯物を早く乾かす手段

洗濯物を早く乾かす為の方法

季節や時期にもよりますが、洗濯物がなかなか乾かないと悩む方は多いと思います。乾燥機を使えばあっという間ですが、なかなかそうはいかないもの。そこで…洗濯物を早く乾かしたい時は、まず干し方を見直してみましょう。例えば①裏返して干す ②湿気を考えて干す ③空気の流れを考えて干す この3つを考えるだけで大きく改善します。

 

スポンサードリンク

上記で紹介した方法をやってみるだけで、洗濯物は圧倒的に早く乾くようになるはずです。ただ、もっと早く、もっと徹底的に乾かしたいと言う場合は更に何をすれば良いのでしょうか?


●夜に洗濯をする

徹底的に乾かしたいのであれば、夜のうちに洗濯をすることがおすすめです。そして寝ている間は室内干しをして、朝になったら天気の具合を見て外に干す。要するに「仮干し」「本干し」に分けてみるのです。


●エアコンを使って干してみる

洗濯物がなかなか乾かない時期と言えば、梅雨の時期か、冬の時期になります。この季節は、エアコンを使う時期でもあるので、あえてエアコンを使うようにするのもコツです。この時便利なアイテム「回るくん」などがあると重宝します。


この「回るくん」は、エアコンの風でパラソルハンガーなどを回転させ、洗濯物の乾燥をお手伝いしてくれるアイテム。
エアコンの風を利用し洗濯物を回転させることで、むらなく均一にしかも短時間に乾かすことが出来る画期的アイテムですよ。


●扇風機、サーキュレーターを使ってみる

洗濯物を早く乾かすコツとして大切なのが「空気の流れ」を作ることになります。その意味でも扇風機やサーキュレーターを使用するのはとっても効果的。ただし、梅雨の時期は閉め切った空間で使用するとカビの原因となりますので、風の逃げ道として窓を開けておくのを忘れないようにしましょう。


●ドライヤーを使ってみる

あえて紹介するような方法ではないのですが、どうしてもこの服だけは乾いてないと困ると言う場合には、ドライヤーを使っていると言うのは、誰もが使う最終手段の一つ。もしドライヤーを使って乾かすのであれば、大きめの袋の中に入れて、その袋の中を温めるようなイメージでドライヤーを使うと、熱が漏れなくて乾きが早くなります。


●乾燥機を使う

乾燥機を持っているのであれば、必要に応じて使ってみましょう。電気料金の節約を考えて出来るだけ使用したくない方もあると思いますが、洗濯物が乾きにくい時期だけ解禁として見るのも、余計なストレスなく良いかもしれませんよ。


●コインランドリーに行く

これが最も面倒な手段になるかもしれませんが、この選択肢を選ぶことが出来るのであれば、何も悩むことはありません。ただ、コインランドリーを利用する時は、メンテナンスがされていない不清潔な場所もありますので、しっかり普段から清掃がなされている場所かどうかを確認してから利用するようにしましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方