脱水時に水分を取ると、洗濯物は早く乾く!

洗濯物を早く乾かす干し方、脱水から改善する

洗濯物を早く乾かしたい場合は、乾燥機を使えばあっという間です。そこを論じたらコツも何もありませんね。乾燥機をお持ちの方で、乾燥機を使われる方は、このページで書かれていることは全く必要のない事ですので、スルーして下さい。時間の無駄だと思います。

 

スポンサードリンク

乾燥機を使ってる方は、ここは読まないで!

洗濯物を早く乾かしたい場合は、どのように干すかが一番大きポイントになります。それは誰でも分かる事ですね。

ただ、干し方の前に脱水から考えている人は意外と少ないのではないでしょうか。脱水から見直してみると、より効果的ですので、ここで紹介しておきます。

 

脱水から考えるた時、「脱水時間を長くする」と言うのが最も簡単な方法になりますね。でも、他にもより効果的な方法があるんですよ。それは、脱水時に乾いた「バスタオル」を一緒に入れてみると言うやり方です。

 

しっかり脱水するとシワになりやすい欠点がある

「脱水時間を長くする」、「脱水時にに乾いたバスタオルを一緒に入れる」。たったこれだけの事ですが、脱水時に洗濯物の水分を取るには、とっても効果的な方法になります。

しかし、脱水でしっかり水分を取ると、乾きやすいけれどもシワになりやすいと言った別の問題も発生してきます。

 

 

シワを起こしにくい脱す方法ってあるの?

しっかり脱水する場合に起きるシワを改善するには、脱水の前に衣類をたたみ事が有効的です。たたんだ状態で脱水をかけるとシワは軽減されますが…、残念な事に、とっても面倒です。

もしシワを気にせず、しっかりと乾かしたいと言う場合には、この方法はとっても有効的ですが、シワが気になって…と言うような衣類には、この方法は適していません。しっかり脱水することでシワが気になるのであれば、この方法は採用せず干し方に工夫するのが良いでしょう。

 

しっかり脱水すると、早く乾きやすいがシワにもなりやすいデメリットがある
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方