洗濯物を早く乾かす上手な干し方

洗濯物を干して乾くのが遅い季節と言えば、ジメジメとした梅雨の時期か寒い冬場になります。この洗濯物の乾きが悪い時期に何か対策を取っているかと言えば、特に何もやっていないと言う方が多いようですね。そこで、ほんの少し干し方を工夫するだけで、乾くスピードはグーンと上がりますので順に紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

ところで、乾きの悪い部分ってどこですか?

 

縫い目、ポケット、ゴムひも、脇の下、裾なども乾きにくい部分でしょうか。もちろん洋服のタイプにもよってきますが、洋服の裏側の乾きの悪い部分が多くありそうですね。

 

 

そこで、シンプルに考えてみましょう。乾きにくい部分が衣類の裏側にあるのであれば、干すときは裏返して乾かしましょう!

また、ポケットはブランと外側に出して空気に触れるようにして干すのが大切なポイントとなります。

 

洗濯機で洗う際には予め裏返しで洗おう!

洗って、脱水をした後に裏返すのは面倒ですので、洗濯する時は裏返しにしておくと便利ですよ。 要するに、裏返しのまま洗って、裏返しにしたまま干しましょう。これは楽チンでおすすめ。それと、ポケットなどは予め全部出すようにしましょうね。

裏返しで洗うと他にもメリットがあります。それは洗濯機でグルグルと洗う時も、生地が傷みにくく、日差しの強い晴れの日も、日焼けで色褪せにくいと言ったメリットもありますので、ぜひやってみて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方