部屋干しはカーテンレールに要注意!

洗濯物を早く乾かすコツ、室内干しにホスクリーン

梅雨など雨が多い時や、花粉が舞ってる季節などは室内干しが多いって方もあると思います。当然ですよね。でも…そんな時に洗濯は何処にかけていますか?

 

もしも「カーテンレール」

洗濯物をかけてたら要注意!

 

スポンサードリンク

●カーテンレール洗濯物って何が問題なの?

カーテンレールに洗濯物を干した場合、梅雨の時期は湿った洗濯物と接するカーテンや壁にカビが発生しやすくなります。

また洗濯物も空気の流れが悪くなってしまいますので、当然乾きが悪くなります。だからカーテンレールに干すと言うのは根本的に見直した方が良いと言えるでしょう。

●洗濯物と空気の流れに関してはこちら!

 

そこで、洗濯物を室内に干す時、とにかく便利なのが「ホスクリーン」と言うアイテムです。このホスクリーンは同じ名前で全く別の商品がありますので、家をリフォームした時など、業者さんを通して発注する場合などは特に要注意が必要です。必ずパンフレットや画面を見て商品を確認してから購入しましょう。

●ホスクリーン 昇降式タイプ


ホスクリーンの購入を考える場合、天井に取付ける昇降式タイプが圧倒的に便利です。

使う時には竿部分を下に下ろし、使わない時は上に収納しておけます。ハッキリ言ってこれほど便利なものはありません。


●ホスクリーン 室内物干しタイプ


ホスクリーンには、昇降式タイプのもの以外に室内用物干しタイプとして取付けタイプのものもあります。金額的にはこちらの方が半角以下でリーズナブルですが、使い勝手を考えると昇降式が断然おススメです。


 

部屋干しが多いけど、部屋に干す場所が少ないと言う場合は、ついついカーテンレールを使ってしまいがちですが、カビなど衛生的な事を考慮してカーテンレールに干すのは止め、ホスクリーンを使ってみては如何でしょうか。これは本当におすすめですよ!!!

金額的には少し高くなってしまいますが、昇降式は使い勝手が楽ですし、長く使える製品なので本当に便利です。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方