洗濯に関する勘違いしがちな花粉対策

花粉が気になる季節になると、何とか花粉を回避しようとあの手この手を駆使してやっている人は多いと思いますが、その方法って本当に効果があるのですか?正しいと思ってやっている事でも、実は逆効果なんてこともあり得ます。では、洗濯に関して見てみましょう。


スポンサードリンク
洗濯物の花粉症対策

勘違い① 夜に洗濯物を干す

夜から早朝は花粉が飛ばないと言った考え方から「夜中のうちに洗濯物を干すと良いよ」なんて言葉を耳にした事はありませんか?

実はこれって間違っています。もしろ逆効果とも言われているのですよ。昼間に飛散して地面に落ちた花粉は、夜風で舞い上がって洗濯物に付着しますので、昼よりも実は夜間の洗濯の方が要注意なのです。


勘違い② 布団叩き

布団叩きでバンバン叩くと、洗濯物についた花粉が落ちていくようなイメージがありますね。実はこれ・・・逆効果なのです。

布団をバンバン叩くことで、表面に付いた花粉は布団の内側に入り込んでしまいます。叩くよりも手でパッパッと払うようにしましょう。ただ、花粉の時期には出来る限り布団は外に干さない方が良いですよ。


■天気の良い日に布団を干したい場合良い方法は?

晴れた天気の良い日には布団は干したいですよね。ずっと干さないなんて考えられないって方も多いと思います。そんな時に役立つグッズとして花粉症対策「布団干し袋」なんてものもあります。布団を干したいけど花粉が気になって困ってるなんて方にはおススメです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方