花粉症対策で忘れがちな「カーテン」について

花粉が飛散する季節になると、花粉症の方は大変な日々を過ごしていると思います。少しでも花粉と関わりのない生活にしたいですよね。そんな方は花粉症対策をしっかり意識されていると思いますが、意外と盲点なのが…、実はカーテンなのです。

 

スポンサードリンク


洗濯物の花粉症対策

外気と常に接する窓付近、特にカーテンは要注意!

窓を全く開けないのであれば問題はありませんが、なかなかそう言った訳にも行きませんね。ただ花粉の多い時期は意識的に空けない方が多いと思います。しかしどうでしょうか?花粉は意識しても、カーテンはノーマークって方が多いようです。

では、この問題のカーテンですがどのような対策が良いのでしょうか?以下はカーテンに対する花粉症対策です。

カーテンに着いた花粉は払い落とさない

考えてみれば分かる事ですが、カーテンは室内にありますので、そこで花粉を払ってしまうと、花粉は部屋の中で飛散してしまいます。カーテンに付着してしまった花粉は粘着のあるもので吸着させるか、掃除機などで吸い込むようにしましょう。

※カーテンから花粉が落ちて顔に付いてしまう可能性がありますのでマスクやグラスなどして作業するのがおすすめです。

花粉に悩んでいる場合は、中途半端な事をせず、花粉対策された商品を使う事も大切です。例えば掃除道具の場合は花粉対策掃除機「花粉棒」や、開閉布用ヘッド「スゥターン」はおすすめです。 また、カーテンそのものを見直すと言う手もあります。例えば、「花粉キャッチャー」 と言ったカーテンもありますので、これは注目しておきたいですね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方