ひな人形の「お手入れ」でシミを防ぐ方法!

ひな人形の箱を開けてみると、「何やら黒いシミが付いていた!」なんて事はありませんか?

 

「大切に扱っていたので、こんなシミを付けた記憶がない」とショックと謎に包まれる人は意外と多いようです。

 

もし、黒いシミを見つけたら、それは「カビ」「ゴキブリの糞」である可能性が高いです。

もしも「ひな人形」にシミが付いてしまった場合、それを落すのは正直に言って難しいです。付いてしまったものを、自分の手で補修するのは、限りなく落とすのは不可能と言っても良いでしょう。

ただ、失敗しても良いのでイチかバチか・・・を試してみたいと言う場合は、「ひな人形のシミ」のページを参考に見て下さい。もしかすると参考になるかもしれません。

 

さて、ここでは収納時にシミが付かないように、どのように保存したら良いのか、まずは「お手入れ方法」に関して紹介してみましょう。

 

スポンサードリンク

ひな人形を収納で気を付けるべき「お手入れ方法」は?

ひな人形を収納する時に、一番気を付けないといけないのは「収納する場所」などを含めた「ひな人形の保管方法」ですが、それは別ページでご案内をしていますので、ここではお手入れ情報を紹介します。

「お手入れ?」と思う方もあると思いますが、これが意外と大事。でも実際にやっている人は少ないと思います。

それは天気の良い10月ごろに一度収納箱から出して風を通してあげる事です。湿度が一番の敵になりますので、半年に1度は開けて、状態を見てあげましょう。

 

これをするかしないかで、シミなどを大幅に防ぐ事が出来ます。

ひな人形のお手入れ方法

この時、風を通してあげること以外に、大切な事がもう一つあります!それは収納箱の中の様子をしっかりと見て下さい。何か虫はいないか?虫の糞はないか?チェックすることが大切です。

もし、何らかの形跡があれば「防虫剤」を見直すなど、早急に保管方法を見直しましょう。

ひな人形の防虫剤は、何が良いのか情報が錯乱していますので、正直に一体何がベスト何か分かりません。この部分は好みと考え方で最終的な字判断をするのが良いかもしれません。
ただ一つの目安としてはピレスロイド系で有効期限が1年と言うものが良さそうですね。例えばひな人形、五月人形の防虫剤「白元アース ニオイがつかないNEWわらべ」は使いやすいと評判のようです。



スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方