ひな人形の由来

 ひな人形の起源は、平安時代に出産の際の死亡率が高かったこともあり、枕元に身代わり人形を置く風習があった事が始まりと言われています。当時は人形(にんぎょう)を人形(ひとがた)として身代わりを意味していました。この風習は災いを引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へ、そして飾っていくスタイルになったと言われています。

 

スポンサードリンク

平安時代

平安時代に貴族たちは、三月の巳の日に、疫病など流行やすいと言うことで、人形(ひとかた)を紙や土、草、藁などで簡単な人形をつくり、お酒やお供物を添えて、病気や災いを身代わりに背負ってくれますようにと、願いをこめて川や海に流しました。

それ以外に紙で作られ人形を小さくて可愛いものを意味する「ひいな」と呼び「ひいな遊び」が宮中で流行したと言われています。

 

 

室町時代

室町時代になると、節句になると紙のひなから豪華なお雛様を飾るようになり、宮中で盛大にお祝いをするようになってきました。それが宮中から、武家社会、裕福な家庭へと広がってゆき、現在の原型となったと考えられています。

 

段飾りは江戸時代の中期にはじまり、昭和に入ってから現在のようなひな人形の形となりました。

 

 

 

作成中






スポンサードリンク
ドライマーク洗剤の売れ筋&人気ランキング

第1位 ★★★

第2位 ★★

第3位 

第4位

第5位

洗濯について
ドライマークの意味は?
家庭で簡単に出来るしみ抜き方法
洗濯絵表示の見方
海外の洗濯絵表示の見方